Menu

リサイクルトナーを使って節約

リサイクルトナーで経費を節約

使用済みのトナーカートリッジはメーカーが回収を行ってリサイクルに役立てていると同時に、リサイクルトナーとして再販が行われるケースがあります。メーカーが再販したリサイクルトナーは品質も高く安心して利用する事が出来ます。

リサイクルトナーの評判を知ろう

デメリットは何があるのか。リサイクルトナーは純正品と比較して値段が安いため、印字枚数が多い会社などではリサイクルトナーを利用すると経費を削減する効果にも繋がります。
値段が安いリサイクルトナーには、幾つかのデメリットがありますが、そのデメリットの一つにカラー印刷時の再現性が純正品よりも劣る事が挙げられます。
リサイクルトナーの黒色については、純正トナーとほぼ同一の品質と言えますが、カラーについては純正品のトナーとは異なるものが利用してある場合、色の再現性が劣ってしまいます。
一般的なオフィスの中で資料などの印刷の場合には、それほど問題はないのですが、デザインや広告など色合いを重視しなければならない現場では純正トナーの方が良いのです。このようにリサイクルトナーの評判を知ることは大切です。

トナーカートリッジを交換すれば不具合は治まる

リサイクルトナーを利用するとトナーが漏れてしまい、コピー機やレーザープリンターが故障してしまうケースがあると言われています。
最近のリサイクルトナーは従来品と比較した場合、品質が向上しているため、リサイクルトナーによる不具合率は低くなっています。
ちなみに、リサイクルトナーの不具合率は2?3%程度であり、純正品の不具合率は1?2%と言います。
この数字からもリサイクルトナーの不具合率は低く、リサイクルトナーが原因でコピー機などが故障するのは稀なケースです、万が一、故障した場合でも、トナーカートリッジの販売店の保証があるので安心です。
尚、トナーカートリッジを交換すれば、大半の場合、不具合は治まるので純正トナーを買い置きしておくのもお勧めです。

リサイクルトナーを選ぶ時のポイント

リサイクルトナーを販売しているお店の中には激安価格になっている所もあります。リサイクルトナーのお店の評判を知ることも大切です。
リサイクルトナーの価格には相場があるので、幾つかのお店での値段を比較してみましょう。
あまりにも安いものは良くないとは言いきれませんが、リサイクルトナーは中古品ではありますが、消耗部品を交換する、分解洗浄を行う、そして新しいトナーを充填し、厳しい検査を経て販売が行われているものです。
簡単に言えば、手間暇が掛かるため、リサイクルトナーを製造するためにも経費が掛かる事になるわけです。
お店での販売価格を比較すれば相場が分かるので、リサイクルトナーを使ってもコピー機が故障するケースも少なくなるなど、経費を抑えて安心して利用する事が出来ます。