Menu

リサイクルトナーを使って印刷コストを抑える

オフィスや家庭において気軽に印刷ができるプリンタですが、そのコストを多く占めるのはインクカートリッジです。量販店で販売されているカートリッジを、純正品からリサイクルトナーに変えることで、印刷にかかるコストを抑えることができます。

リサイクルトナーとは

プリンタの印刷に必要かつ多くのコストを占めるインクカートリッジにおいて、販売されている種類は2つあります。プリンタ製造元が販売している純正品と、メーカー以外の第三者の会社が作るリサイクルトナーに分かれます。リサイクルトナーとは、使用された純正品のカートリッジを回収、自社工場にて部品交換、トナー充填などの作業を行い、再度使えるようにしていることが特徴です。純正品と同じく、家電量販店やホームセンターなどの大型店の店頭にて購入可能で、その価格は純正品よりもかなり低く設定されています。カートリッジを再利用する、環境に優しいなどの利点がありますが、修理や加工を行っている関係で、純正品と比較すると細かい構造は多少異なる場合があります。

リサイクルトナーの評判を知る

リサイクルトナー利用のメリットの評判を調べてみると、純正品よりも値段が安く、製品によっては10分の1で販売されるものも見かけます。純正品を作るメーカーは、プリンタを安く設定し、カートリッジなどの消耗品で利益を稼いでいます。それに対し、リサイクルトナーは再利用における研究開発費等のコストがかからない上、複数の会社が作ることで、原価に対して適正な価格で販売できる利点があります。保証もプリンタメーカーより充実しており、不具合発生時に代替を送る、プリンタの修理代金保証、印字保証による返金などが挙げられます。印刷枚数に関しても純正品と同等の枚数分可能なので、モノクロでより多く印刷をする人にとっては、純正品よりも大きくコストを下げることができます。

リサイクルトナーを使うデメリット

リサイクルトナーを使うことによるデメリットもあり、デメリットの場合もリサイクルトナーの評判を調べるとわかります。印刷時の品質劣化、不具合の発生率の高さが挙げられます。いずれもコスト節約のため、純正品のカートリッジに、独自の修理や加工を行っていることが原因となります。印刷時の品質劣化に関しては、カラー印刷を行う場合、トナーの成分が一致しないことによる若干の色合いが発生することから、色の再現性が低くなるデメリットがあります。そのため、デザインや広告といった色を重視する作業では、純正品が優れています。不具合については、純正品でも0.5から2パーセントの割合で発生しますが、それと比較すると、1.5から3パーセントと発生率が高くなります。多くはカートリッジの交換で直るため、予備を多く購入するといったことで解決できます。