Menu

リサイクルトナーとは

リサイクルトナーという言葉をご存知ですか?使用済みインクカートリッジを回収し、新しいものを入れて販売することで、地球に優しく経済的になることを目的としています。販売価格が安く、品質の基準も定められているので、リサイクルトナーの評判は良いです。リサイクルトナーについてご説明しますので、参考にしてみてください。

リサイクルトナーとは?

リサイクルトナーとは、回収した使用済みのトナーカートリッジを再利用したトナーです。回収したものを分解し、洗浄していきます。部分交換や修理を施し、純正品と同じ量の新しいトナーを入れていきます。消耗部分は交換していきますが、その他の部分は3回から5回ほどの使用ができると言われています。使用したトナーカートリッジは、産業廃棄物に設定され処分が難しいです。リサイクルトナーとして再利用することで、地球の環境を保護し、資源の節約にもなるエコな商品です。リサイクルトナーの使用者からの評判は良く、作る技術も向上しているので、純正品とほぼ同じような品質になっています。また、使用済みカートリッジを無料回収してくれるお店もあります。

リサイクルトナーの評判

利用者がいうメリットと注意点です。リサイクルトナーのメリットは、圧倒的なコストパフォーマンスです。基本的なパッケージは数回再利用し、交換箇所は部分的なので、安く作ることができるので、消費者も低価格で購入することができます。品質の認定基準があるので、安いだけでなく、安心して使用することができます。
また、しっかりとした保証が付いています。リサイクルトナーは再生品とのことで、製品保証を長期にし、プリンターの本体保障や返金保証などをつけているものもあります。しかし、純正品よりは不具合率が高いと言われています。また、トナーの粉の成分が変わることにより、カラーの色が純正品とは若干異なります。価格が安く保証もありますが、使用する目的によって選んだ方がよさそうです。

リサイクルトナーの品質基準管理とは?

リサイクルトナーは、純正品と比べ、質が落ちてしまいそうな気がします。しかし、厳しく設定した品質基準管理があり、その審査に通過しなければ販売することはできません。よって、純正品と同じような品質になり、安心して使用することができます。
リサイクルトナー工場では、規格に沿う品質になるように各種試験をする機器を導入し、トレーナーから指導を受けます。認定を受けた工場にはIDが発行され、そのIDが印刷されたマークをパッケージに貼っています。また、環境や品質の管理基準が約10項目あり、第三者の審査で通過した企業の梱包箱にはラベルが貼られています。
品質や環境の国際規格を通過し、ラベルを貼っているリサイクルトナーを選ぶことで、トラブルの発生率は大幅に減少します。

使用済みのトナーカートリッジを、工場にて分解、クリーニング、リユースできるように製品化します。 お客さまの方で使い終わり、不要になったトナーカートリッジを無料で回収するサービスを実施しております。 もしお手元に使用済みのトナーカートリッジがございましたら、送料は弊社が負担し、無料で回収させていただきます。 カートリッジ納品の運賃は購入金額の合計が3,000円以上の場合、弊社が負担いたします。 品揃えに評判のあるリサイクルトナー通販サイトは【Toner.jp】